369/チャネリングで得た真実の解答

あなたがここに辿り着いのは運命。本来あるものは否定しようもなくただ普遍としてあるものです。それが真実であり、またそれを知る者は表面的な虚無に襲われます。その先にあるもの。それを探求しましょう。迷いながらも、私たちは、いまだ旅の途中。

迷う人生、されど人は何かの為に生まれた。

迷いながらも、人は自分の答えを探すものです。

 

しかし、表面的な探求では、きっと大切なものにアクセスすることなく、

人生のすべての時間を使い尽くしてしまいます。

 

叡智はあればいいのですが、

それはすべての人に与えられるものではなく、

 

ただ、知能が足りない、私のようなものは、

それでもなんとか、自分なりに知ろうとする必要があるようです。

 

今回は、チャネリングではないのですが、

つらつらと書き綴ろうかと思います。

 

だれかのきっかけになれればと思い。

その願いは本心です。きっと。

 

なぜ、人は、生まれたのか?

 

よく世界を見渡して見て下さい。

 

弱いものが食べられ、幸福を得るためにその何倍もの不幸が散布される。

 

なぜ、そのような仕組みなのでしょうか?

答えはわかっています。

 

この世こそが、地獄だからです。

 

地獄、業・・・

 

しかしそれでも美しい。

本当に美しくすばらしい。

 

それだけに、われわれは知らなくてはいけない。

 

美しいとはなんなのか?

 

チャネリングを行なっていないので、

本当の解答は得られません。

 

しかし、つらつらと書くことで、どこかに辿り着くでしょう。

 

美しいとは・・・?

 

そのことを深く深く、そして、

それとは対照的に冷たい、体温のない心で、

熟考した集団が、大昔にいたとしたら?

 

それが、なんなのか?

私にもよくわかりません。

 

いえ、言葉にするには、

そう、たとえば、はばかられることなのかも知れません。

 

しかし、慈悲をもって見過ごしてくださいませんか?

 

そう、

そんな方々は思ったのです。

 

世界を、

すばらしいものにしよう。

 

この発想は、とても傲慢です。

 

しかし、否定するものではなく、

ただ、人は、傲慢なものなのです。

 

それこそが、人と動物の違いの一つともいえる。

 

理想があるのです。

 

本来、自然のままにあるものを、

理想の通りに創り変える事を、人は傲慢と呼び、

 

しかし、

 

とても崇高なものと認識します。

 

私達は、その崇高なものに見られている。

それは、意志。

 

その崇高な意志は、

本当に力強くなり、

 

そして、本当に、なにか、

根本的な創世記を行なおうとしていると仮定してみました。

 

私が賢く、そして、

慈悲について深く考えたとするば、

必然的に行なうだろうことを想定しただけ。

 

それがいまだかつてなかったとは言い切れない。

 

そして、

そうなったとき、

そのとき、はっと、気づくのです。

 

そのことを望むがゆえ、そうあるべくして、

そうすることは欺瞞であるため、

 

本来、本人の心からでないものを排除するため、

そういったことは巧妙にただしく秘匿されます

 

しかし、ここに辿り着いたのであれば、

これくらいは、知っているのではないでしょうか?

 

いや、知るキッカケとして、

これは偶然だと定義してもいいと思われます。

 

だって、

これほど曖昧な言葉なのだから。

 

それをつむげたのは、

きっと本人の意思。

 

そうでしょう?

 

しかし、

それでも、わざわざここに記すことは、

邪な考えなのでしょうか?

 

わたしには、まだわかりません。

わたしもまだ、すべてを知っていないから。

 

ただ、

 

世界は美しい。

 

この言葉は、それは、たまたまある地域のある時点で生まれ育った、

本当に幸運な私達だらこそ、

 

そんな身勝手なことをいえるのかも知れません。

 

われわれは、

 

いえ、私は、いま、完全に、試されている。

 

あるべきものに、目をむけて。

あなたに起こる偶然に、体温を感じて。

 

自戒を込めて。

 

真実をお伝えします。人生(人が生きること)の意味とは?

普段なら意識しないようなことでも、

なにか不幸があったり、病気になったりすると、

 

ふと、気になるコトがあります。

 

それは、

 

生きている意味ってなんなんだろう?

 

おそらく、ロジカルに考えると、

私達は生きる意味なんて持っていません。

 

ただ、生きているから、生きているだけのことです。

 

何億年も前に発生した生命という仕組みの中で、

たんなるプロセスの一部として有機物が化学的に変化している事象を

 

なにか、意味のあることかのように錯覚するまでに、

肥大してしまった神経や脳機能がなせる幻影というか、

 

無意味なゆらぎ、

 

それが、

「生きるとは何なのか?」という問いなのかもしれません。

 

と。つらつらとそれこそ無意味な私の見解を述べましたが、

チャネリングしてみます。

 

それでもやはり、私は、

生きることに、意味はあるのか?

と問わずには、おれません。

 

 

問.人生とは?生きる意味とはなんですか?

 

・・・チャネリング・・・

 

その答えは、

 

「温(ぬく)もり」

 

をただ、感じました。

 

 

言葉ではなく、体温、を感じました。

 

 

チャネリングは、文章と言うか、言葉で返されることが多いのですが、

今回は、体感としての返答でした。

 

私たちが生きている意味は、

 

表層的な、言葉で説明できるものではく、

 

温かさ

 

そのもの、なのかも知れません。

 

不幸でも、悲しくても、それでも生きていく、

 

その理由の問いに、

 

チャネリングの解答は、

 

温(ぬく)もり

 

をただ提示したのです。

 

そういえば、

 

考えてみれば不思議で、それにしても、ありきたりなことに気づきました。

 

それは、

 

宇宙や、ほかの星、つまり地球の外では、

ぬくもりは、感じようがありません。

 

絶対零度や、超高温のなか、

私たちが「ぬくもり」と感じられる温度は、ほとんど存在しません。

 

それなのに、

なぜか、私たちの地球には、私達の生きている世界には、

 

私達が快適と感じれる、

ぬくもりの温度があふれています。

 

科学的にいえば、 

発想が逆で、快適な気候(ハピタブルゾーン)だから生命は誕生した、

ともいえますが、

 

それにしても、

 

その温度が必要であったことに、不思議な必然性を感じます。

 

そして、気候だけではありません。

 

私達は、自分自身だけでは、ぬくもりを持続できない。

 

人も動物も、もしかしたら機械や創作物からだって、(作った人の気持ちや思いを認識すれば)、私達は、それ自身からもぬくもりを感じたり、

自分の中からあたたかい何か(水を1度あげる「カロリー」としての熱量ではありませんが、ぬくもりは、たしかに感じます)が生まれてきます。

 

 

そうだとすれば、

 

振り返ると、

「人生の意味」を考えるとき、

 

私達は、そうとは知らずに、

 

不安や、悲観な気持ち、

つまり、ぬくもりとは真逆の「冷たさ」を感じているのかもしれません。 

 

科学的な探究心での問いだとすれば、

「人生の【意味】」自体がナンセンスな問いです。

 

HとO2でH2Oになる化学式では、その結合の理由が説明できても

その【意味】は説明できません。

 

つまり、ここでいう【意味】の説明は、

科学的には説明しようがない、

または、 

科学的に事象は説明できても【意味】は範囲外なのです。

 

 

そうだとすれば、

私たちが、「生きる意味」や疑問を感じる時は、

 

今回の私がそうであったように、

本人は、たんなる事象としての意味を考えているつもりであっても、 

 

そうとは知らずに、

 

その疑問がでているときは、

「ぬくもり」が不足している状態で、

 

逆に、

 

ぬくもりの中では、考えるまでも無く、

生きる意味は、ありありと言語外で理解・認識できているのかも知れません。

 

そうならば、

 

その疑問がわいて、その意味を知るには、

 

心や身体にぬくもりを与える

 

まずは、

 その必要があるのではないでしょうか?

 

心でも、身体でも、とにかく、ぬくもりを感じる。

 

人に触れたり、温泉につかったり、こころが温かくなるような絵画・映画・物語に触れる。

 

そうすると、

 

それを体感・体験しているとき、

 

私達は、ぬくもりのなかに生きている意味を知るのかもしれません。

 

 

余談ですが、

 

そう考えると、 

 

目標や、努力や、行動は、

心が温かくなるほうに向かうのが、

人生の正しい使い方なのかな???とも思います。

 

 

Q.生きる意味、人生の意味とは?

 

A.ぬくもり(言葉ではなく体感での返答)

 

でした。

真実をお伝えします。嵐は、なぜ活動休止するのか?

平成も終ろうかという今日この頃、衝撃的なニュースがありました。

 

嵐が活動休止するそうです。

 ※チャネリングの際、解散という言葉を使っていましたが、正しくは(活動休止)のようです。お詫びして訂正いたします。

※用語が代わっておりますが、チャネリングで得た解答の真意との齟齬はありません為、そのまま掲載いたします。

※また、このとき、チャネリングには、「解散」という文言を誤って使って質問していたのに、チャネリングからの解答には、「解散」という言葉を明確に避けている印象があります。

 

ジャニーズ事務所の解散(活動休止)といえば、SMAP解散が記憶に新しいですが、それとは何か関係するのでしょうか?

  ※原文のまま

 

チャネリングをしてみます

 

【嵐の解散(活動休止)と、SMAPの解散は何か関係があるのでしょうか?】

  ※原文のまま

 

「あります。同じ事務所なのですから当然です」

 

チャネリングにしては、かなり明確な答えです。

チャネリングに関しては、ご自身で考察してください。

チャネリング - Wikipedia

※この記事/ブログは、真実の報道をするものではなく、チャネリングによって得た知恵・言葉をまとめているだけです。

 

 

【なぜ、嵐は解散(活動休止)するのですか?】

 ※原文のまま

 

「いまのあなたには見えないものが見えているからです」

 

 

これは、なんとも意味深です。

 

成功者としての景色のことを言っているのか?

有名人としての疲れる日常のことなのか、もっと世俗的な黒い噂みたいなことを言っているのか?

 

しかし、チャネリングは続けます

 

「あなたが見えないものを見る力は渡せません」

 

これは、チャネリングの基本です。

 

私達は、どうあがいても自身が知っている知識以上のことは知覚できません。

チャネリングとはいえ、その知識のなかから推察することが限界なのです。

 

これ以上は、憶測でしかないためチャネリングを終了しました。

 

つまり、

 

嵐の活動休止では、私たちが知っている以上の理由で活動休止が決定された

 

という至極、当然な回答が得られました。

 

このこと、つまり解散(活動休止)に関して、ファンはどう受け止めればいいのですか?

 ※原文のまま

 

という質問には、

 

「あるがまま、すべてを楽しみなさい。それがエンターテイメントです。」

とのコトです。

 

どんなにファンの方が、スター達と近い距離に感じても、

やはりそれはエンターテイメントという枠組みのなかでの関係性です。

 

ファンならば、ファンであるなら、なおのこと、

めいっぱい活動休止を悲しみ、惜しみ、絶叫し、

それすらも楽しみなさい。

 

それがファンと言う者の正しい姿勢のようです。

 

ちなみに、解散(活動休止)中止要請の署名はやってもいいですか?

  ※原文のまま

 

との問いには

 

「好きにしなさい」

という冷たいお言葉をいただきました。

 

真実をお伝えします。野菜は本当に身体にいいのか?

チャネリングを行ないました。

 

野菜について。

 

本当に世間が言うように野菜は、そこまで健康的な食品なのでしょうか?

 

・・・チャネリング・・・

 

無回答

 

でした。

 

この場合、質問が悪いようです。

 

身体にいいか?という質問自体が曖昧すぎるようです。

 

何に効果があるのか?

が正しい質問のようです。

 

たとえば、身体の冷えには効果があるか?など。

 

よく考えてみれば当然ですね。

 

野菜だってきっと食べ過ぎると、

なんらかの部分では身体に悪いという定義に入るでしょう

 

つまり、

身体に圧倒的に悪い食べ物

例えば、猛毒の砒素やボツリヌス毒素・・・いや、これを食べ物というのかは不明というか、無理やりだが、

 

それらですら、なんらかの摂取量を守れば、効果的な何かがあるのかも知れない

 

そういえば、ボトックス注射はボツリヌス毒素が元だったような

これを身体にいいというのは、違う気もするが。

 

とにかく、

今回の解答は、

 

野菜にも効果があるように他の食材にも効果がある。

ただそれだけの事である

 

とのことです。

 

必要な時に必要なものを適切に食べれればベストなんでしょうけど。

なかなか難しい。

真実をお伝えします。この世界は仮想現実なのか?

チャネリングによりますと、

そもそもが「仮想」という概念が愚かな定義だといいます。

 

実在するかどうかすら、情報の産物であり、ただの事象であると。

 

その場合、いわゆる世間が抱いている「仮想」という用語の定義

それ自体が曖昧であり、虚無的であると。

 

わたしは、実質的な質問をします。

 

『ならば、いわゆるパソコンでシミュレーションしたような結果が、この世界である、ということはあり得ますか?

つまり、いわゆる、オカルトのような上位存在、未来人、宇宙人のようなものが、なんらかの装置でわれわれの世界をシミュレーション、または構築している可能性はありますか?』

 

・・・チャネリングします・・・

 

ありえません

 

とのことです。

 

本当でしょうか?

私には、チャネリングが間違えているようにも思えます。

 

実際、チャネリングが間違えることはないのですが・・・

 

しかし、

一般的な話になるのか、どうか定かではありませんが、

わたしのチャネリングでは、わたしの知りうる知識を介して回答を行なうので、

 

どれほどの精度か、または、どれほどの意図を理解した回答なのかが不明であります。

 

つまり、

詭弁のように思われるかもしれませんが、

 

いわゆるチャネリングで一番大切なことの一つに、

正しい質問をする

という部分が必要かと思われます。

 

今回の質問の意図は正しく伝わっているかとは思いますが、

新しい概念、方式による仮想現実がこの世界であるという

考え方が出てきた場合、その方式を否定するものではないのが、

要注意です。

 

つまり、今回の回答としては、

 

上位存在、未来人、宇宙人のようなものが、なんらかの装置でわれわれの世界をシミュレーション、または構築している可能性は、ない。

 

ということです。

 

実在と仮想の定義が曖昧な今、それ以上の探求は無意味なようにも思えます。